FXはじめたい人向け基本事項

そもそも為替って何?

このページはまさに、FX初心者向けと言いますか、経済に疎い方向けと言いますか、
FXをやる前に、絶対わかってないといけない為替について説明します。

 

で、為替って何かと言われれば、
為替手形や小切手、郵便為替、銀行振込などの
現金以外の方法で、金銭を決済することです。

小切手

 

なんでそんなことするのかと言うと、
大きな現金を直接輸送したり、
誰かが持ち運ぶのは、危険があるから、
それを避けるためです。

 

簡単に言うと、そんな感じです。

 

為替のはじまり

世界では、中世ヨーロッパではじまったとされていますが、
日本では、室町時代にはじまり、江戸時代に本格的に発展しました。

 

江戸の商人

特に、江戸と西の経済発展地である大坂との間で、為替が利用されました。
江戸の商人が大坂の商人に、お金を支払う時、直接届けると危険です。
途中に山賊に襲われるかもしれませんね。

 

ですから、江戸の商人は、両替商にお金を渡して、
為替手形の発行を依頼し、
その手形を受け取った大坂の商人が、
指定の両替商に行き、
お金を受け取るということが行われていたようです。

 

これは、現代でも、小切手や銀行振込みという形で残っていますね。

 

このような、直接現金を使わない取引を為替取引といい、
日本国内で行われる取引を、内国為替と言い、
国を越えて行われる為替取引を外国為替と言います。

 

外国為替はどういう時に行われるの?

外国為替が行われる例は、

貿易

  • 商品の輸出入
  • 海外企業の株式の購入
  • 海外不動産への投資、
  • 企業の海外進出や企業買収

などなどです。
国をまたいで行われる金銭取引には、外国為替が使われます。

 

上の海外企業の株を買う例で見てみましょう。
アメリカ人の投資家(日本に住んでない人)が、日本企業の株を買う場合、
まず、日本円を買わなければいけません。
その際、「米ドルを売って、円を買う」という行為がなされます。
そして、日本円で、日本企業を購入する流れになります。

日本人と外国人

 

商品の輸出入の場合は、
決済する通貨を決め、自国の通貨でない場合は、
自国通貨を売って、決済通貨を購入し、決済するという流れになります。

 

つまり外国為替は、2国間の通貨の交換が必要な取引になります。
この通貨の交換が行われる市場を、外国為替市場と言います。

 

外国為替取引が行われる場所は?

外国為替市場は、株の東京証券取引所のように、リアルな建物や場所は存在しません。
バーチャルな取引市場です。

 

世界市場

有名な市場として、
ニューヨーク外国為替市場、ロンドン外国為替市場、東京外国為替市場
があり、世界3大市場と呼ばれています。

 

もちろん他にも、
ニュージーランドのウェリントンや、オーストラリアのシドニー、
ドイツのフランクフルト、香港やシンガポールなど、
たくさん市場があります。

 

東京市場の空いている時間は、
8時半から16時半までですが、
世界中に市場がありますから、
外国為替市場は、24時間取引可能な市場となります。

 

この市場への参加者は様々です。
国、銀行、機関投資家、企業、そして私たち個人が参加できます。

 

為替レートについて

2国間の通貨を交換する時、ただ通貨を交換するのではありません。
同じ価値の通貨量で交換します。

 

新聞を持つ女の人

その価値を表す数字が、為替レートです。

 

ニュースなどで、
「今日の東京為替市場は、1ドル、105円86銭から89銭の間で取引されています。」
なんていうのを聞いたことがあると思います。

 

1ドルを買うのに、日本円が105円89銭必要ということで、
1ドルを売る時は105円86銭で売れますよということです。

 

「買い」と「売り」の差があるのは、手数料みたいなもので、スプレッドと呼ばれています。
スプレッドはFX取引を扱っている、専門業者や証券会社に支払われます。

 

通貨の価値は、刻一刻と変化していて、
通貨同士の交換は、その瞬間の為替レートで交換がされます。

 

 

以上が為替の仕組みになります。

 

 

トップページへ戻る